×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

ナイキフリーは素足感覚

ナイキフリーなら素足の状態を再現でき、毎日履く靴としてはオススメです。ナイキフリーはウォーキングや運転に使っても疲れにくく、それに通気性が良く夏場は涼しくて普段使う靴として、履く状況を選びません。
ナイキフリーは足裏のローリングにより正しい歩き方ができます。
ナイキフリーの種類ですが、一番素足にフィット感があるのは、ナイキフリー4.0これは、通勤、通学などでつかえますね。でもカラーバリエーションは少ないです。
ナイキフリー5.0ですが足入れ部分が狭く、シューレースは実用には不要で、シューレースを毎回解いて締めなければいけないのが手間ですね。ナイキフリー5.0V2は、足入れ部分が広くなり足が入れやすくなった。ナイキフリーは、良い姿勢がキープできる時間だけ履いたほうがいいみたいです。

ナイキフリーにも色々ある

ナイキフリーには3っつの厚さがあってその種類はナイキフリー4.0 5.0 7.0の3っつの厚さがあります。ナイキフリーの数字が大きいほど厚くなりナイキフリーの数字が小さいほど薄くなり素肌感がでてきます。
当然ナイキフリーには、インナーソールがあってシューズのインナーソールもナイキフリー専用のインナーソールが付いて来ます。シューズのインナーソールもナイキフリーの数字により厚みが変わります。
ナイキフリーのタイプ別には、ベルクロのインドア用と紐タイプ、紐タイプにはノーマルとトレイル(山歩き用)があります。ナイキフリーはシューズのカラーが結構多いのでショップによっては置いているシューズのカラーが違うものが置いてある事があります。
お気に入りのシューズのカラーを買うためには、複数の店舗を探さなくてはいけないかもしれませんね。

スポンサード リンク

ナイキのナイキフリーは、進化している。

シューズの今までの役目は、シューズを履くランナー、トレーナーをサポートし続けてきましたけれど、足をサポートする靴作りの逆の発想でシューズがランナーやトレーナーを鍛えるためにできたシューズそれが、ナイキフリーです。
ナイキフリーは2005年にナイキフリー4.0が発売シューレースが廃止になり、マジックテープに替わりナイキフリー4.0は、一番素足感があり通勤などに適していると思います。2006年5月にナイキフリー5.0V2発売2007年3月にナイキフリー3.0、ナイキフリー7.0、10月には、ナイキフリー5.0V3が発売されました。
ちなみにナイキフリー5.0 V2は、初代ナイキフリー5.0を改善品で、変更点はアッパーデザインの変更、機能変更されているみたいです。

Copyright © 2008 ナイキフリーなら裸足のような状態を再現ナイキシューズ